5/6 地方創生☆チクワクティクスの歌詞にはデータサイエンティストとして知っておくべき知識が沢山詰まっている

地方創生☆チクワクティクスを知っているだろうか。

五十嵐裕美さんという稀代の電波ソング歌い手から繰り出される往年のイオシス節たっぷりの名曲である。

それ以上に歌詞が素晴らしく、データサイエンティストとして働く上で重要なことがたくさん詰まっているので、一つ一つ解説していきたい。

じゃんじゃんばりばり バリュー・チェーン ぶんぶんぶらぶら ブランディング

バリューチェーン。人的/物的資源からどのようにして付加価値が発生しているかを行程ごとにまとめたもの。
ブランディング。自社の製品に対して、顧客の支持や信頼を勝ち取ること。また、そのために行う行動。
この節はなによりジャンジャンバリバリとバリューチェーンの響きが良い。聞くと一発でバリューを生み出すぞという気持ちになる。

こっこっコアってコンピタンス ちょっとほんとSWOT

コアコンピタンス。自社が競合他社に対して圧倒的に勝っており、差別化できる能力のこと。
SWOTSWOT分析ともいう。Strengths/Weaknesses/Opportunities/Threatsの4要素で事業の現状を分析すること。
 内的強み/内的弱み/外的チャンス/外的ピンチの4要素らしい。(知らなかった……)

マーケティングんぐん すすめ勝ち取れ 顧客優先 ぱんぱかぴんぽんぱんぽろん

マーケティング。一般的用語すぎて難しいが、ものを売るために行う活動、というのが個人的にはしっくりくる。
・顧客優先。心構えとして重要である。

ターゲティングんぐん みんな一緒に それ えいえいおー!

・ターゲティング。顧客を何らかの方法で分類した後、性質の良さそうな集団に絞ってマーケティングなどを行うこと。

データマイニング ゆくぞ稼ぐぞ 収益増大 ぱんぱかぴんぽんぱんぽろん

データマイニング。データサイエンスの昔の言い方と思っておけばまあ外さない。
・収益増大。これも重要である。現場に分析屋として投入された場合、基本的には事業貢献 or dieである。

ジニ係数がなかなか下がらないめう…… 敵は東名阪にありーっ!

ジニ係数。おそらくここでは不平等さの文脈で使われているとかんがえられるが、決定木の分割指標としても有名。

決定木とは|マーケターのための データマイニング・ヒッチハイクガイド14 - International Blog
から引用した、

ブラジルのジニ係数に喩えるのであれば、所得の高い人と、所得の低い人に人口を分割して 2つの国を作ることによって、それぞれの国のジニ係数を低下させると考えていただくと理解しやすいのではないかと思います。

二つの同質性の説明がわかりやすい。

われらの戦場 グローバル 右手に持つは 知恵の槍
アンビリーバボーなイノベーション
戦略目標 ユニバース この眼に光る 意思の星
ファンタスティックなソリューション

・この節はデータサイエンティストとして働く際の心構えがすべて詰まっていると言っても過言ではない。寝る前に三回唱えて寝たい。

サンプリングんぐん 配れバラ撒け 総需要喚起 ぱんぱかぴんぽんぱんぽろん

・サンプリング。ここでは標本抽出でなくて、おそらく試用品を配る方のサンプリング。

ネットワーキング バズれ繋がれ 話題沸騰 ぱんぱかぴんぽんぱんぽろん

・ネットワーキング。友達あるいは知り合い作りと思っておけば外さない?
・バズ。ネット上で話題になること。特にネットワーク的な性質(人から人へ情報が伝わり、話題になるような状況)が強い時、バズという。

われらの権勢 ユビキタス 大地を分かつ 金の斧
ジオグラフィックセグメンテーション
経営拡大 ガバナンス わが世の春に 株の花
メイドインヒナビテーション

ユビキタス。遍在すること。私が学生のころユビキタスコンピューティングというのが流行し、最近はそれらがIoTと呼ばれるようになった(私見
・ジオグラフィックセグメンテーション。住んでる地域ごとにセグメンテーションすること。セグメンテーションとは顧客や潜在顧客を何らかの基準によって分割すること。

顧客の視点に立ったマーケティングが必要なんだめう!
チクワクティクス理論の4Cをここに教示するめう!

マーケティング理論の4Cが元ネタだと思われる。画期的だったのは、今までものを売る側の論理でマーケティングしていた(4P)が、そうでなくて、ものを買う側の論理でマーケティングしようという点らしい。

われらの戦場 グローバル 右手に持つは 知恵の槍
アンビリーバボーなイノベーション
戦略目標 ユニバース この眼に光る 意思の星
ファンタスティックなソリューション

・大事なことなので二回言ってる。落ちサビ。


以上述べてきたとおり、地方創生☆チクワクティクスが、いかにデータサイエンティストとして知っておくべきことがたくさん詰まった歌詞かがわかる。

そんな地方創生☆チクワクティクスをフルで聴くなら、LINE MUSICで。

music.line.me

「データアナリストは、組織におけるデータアナリスト」:某社 だみ〜氏の一日

これが面白すぎたので自分でも書こうと思った。
digiday.jp


データ人材への需要が高まっている。

具体的には、だみ〜氏のチームは今の倍の人数居ても(30人)いいかなとチームのみんなは思っている。


08:30 am  朝はギリギリまで寝る。スヌーズを10分単位で二回かけて08:50 amまで寝る。

08:50 am お風呂に入る。冬場は暖房をつけてから入るのがコツ。最近珪藻土バスマットを買って快適になった。

09:20 am お風呂から上がったら出社の準備。財布とケータイをカバンに入れるだけなので、最近は手ぶらで出社できるんじゃないかと思ってきた。この日のコーデもユニクロ。サラリーマンになってから10kg太ったのでユニクロ以外が似合わなくなった。走ったら胸と腹の肉が揺れる。

09:40 am 自宅からオフィスまでは40分。いま住んでいるxxxは、ど下町だ。中国人家族経営の中華料理屋が目立つ。コインランドリーがたくさんある。錦糸町も近いので治安は悪い。地元の人しか入れないような飲み屋がたくさんある。

10:00 am 会社に着くのは10時ギリギリ。午前中は打ち合わせやミーティングが入ることはほとんどないので、まず着いたらタバコを吸う。大学でタバコを覚え、さらに大学院でもタバコを吸っていたこともあって、とにかくニコチン中毒。タバコを吸いつつ、今日やらなければならない仕事を脳内で列挙していく。タバコを吸い終わったあと、ひたすらにjupyter notebookを叩いてwikiにグラフを量産していく。

12:30 pm 12:30になるとチームの有志で昼食。この会社に入ってから九割はオフィスに運ばれてくる弁当を選んで食べる。この会社の弁当のメニューは偏っていて、気を抜くと揚げ物を週五で食べることができるので、ブクブク太っていく。かなりの大食いなので、食べ過ぎて眠くなって午後は寝る。大学生のときは意味もなく食費を削っていた。あの頃のハングリー精神が懐かしい。
学生時代から家計簿は一度もつけたことがない。出る金と入る金というシンプルなKPIツリーが彼の人生のすべてだ。

13:30 pm 昼食のあともjupyter notebookをひたすらに叩く。ミーティングだろうとお構いなしに叩く。自席でyoutubeを見ながら叩く。最近はtask have funがお気に入りだ。ときどき寝る。とくに、飲み会の次の日は絶対寝る。

16:30 pm 企画にレポートを見せる。そこそこ合意形成できた手応えアリ。だみ〜氏はこの会社では相対的に分析を長くやっているので、自身の分析に対する信頼はわりと厚いと自負している。実際のところは知らない。
将来的には全社員が、データアナリストがいなくても自らデータを扱えるようになるのが理想。
そうなったら適当なデータに適当に確率分布をあてがってはMCMCして事後分布を描くだけで給料を貰いたい。

20:30 pm 20時過ぎには退社。夕飯は適当に済ませる。

21:30 pm 家に着く。youtubeでアイドルのPVを見ながら飲酒して身体を揺する。インターネットをする。

23:30 pm ひとしきり踊り狂ったので寝る。寝ながらなんJ系のまとめblogを読んで、巨人が今年も弱そうなことを感じながら寝る。日々の生活の中で、プライベートの無意義さがすごいので本当に早くなんとかしたいと思い続けている。

12/19 追っかけていたアイドルのこと

2017年は推していたアイドルたちの多くに環境の変化が起こり、結果として私も色々と思うところがあった。
忘れてしまっては悲しいので、記していく。

まず、松野莉奈さんが亡くなってしまったこと。
ものすごく顔の整った女の子だった。
背が大きいけれど、グループ内では妹キャラで、天分に見合うような努力家で、ストイックだった。
そんな子が若くして死んでしまうことの、理不尽さを考えると、本当に、何も信じられない気持ちになる。

つづいて、コヒメが卒業したこと。
彼女も、すごくストイックな女の子だった。
blogに思いの丈を書いた後に、そのblogが消えるなど、引退について全く本人は納得していなかった。
それでも身を引くことへの理由付けをtwitterで懸命に行っていた。必死に自分を納得させていた。
けれど、納得しきれず、CDの売上次第では引退しなくてもいいという条件を引き出し、CD売上のためにスクール水着を着てインストアイベントに出演した。
もともとかなりプロ意識が高いメンバーだと思っていたけれど、さすがに圧倒された。
思わず卒業ライブのチケットをとってしまったし、その後卒業バスツアーが急遽組まれたのには笑った。
コヒメは本当に可愛かった……当時高校生の私は、こんなに絵に描いたようなアイドルっぽい子っているんだ、世の中ってすごいなあと思ったことを今でも覚えている。
時を経てもずっとアイドルで、最後までアイドルだった。

つづいて、ゆいかおりが解散してしまったこと。
ゆいかおりと私の出会いは2012年で、それからの人生はずっとゆいかおりとともにあった。
ゆいかおりに励まされた回数は数え切れないし、ゆいかおりによって私の考え方の一部が形成されていることは疑いようもない。
"きっと一生誰かと心通わせ歩く旅だろう"と歌うときの、本当に彼女たちはそのことを知っているという確信、それは私にとっては、超越性であったし、これからも変わらないだろう。

つづいて、工藤遥さんが卒業したこと。
工藤遥さんは本当に美少女だ。
透明感という単語が彼女より似合う女の子を私は知らない。
工藤遥さんを経由して、モーニング娘。が時代に合わせて進化していることを知った。当時2013年だった。
生まれついての圧倒的強者というか、そのオーラだけで、一気にやられてしまった。
これからも圧倒的強者として生きるだろうし、生きてほしい。
好きなことを一生懸命にやって、たくさんの人の記憶に残ってほしい。

つづいて、廣田あいかさんが卒業を発表したこと。
廣田あいかさんは、見た目はとてもキュートで、そして聡い人間だ。
もっとこの歳の頃にはすごい存在になっていると思っていた、という卒業理由には、一番に、やっぱりそうでなきゃな、と思った。
彼女には本当に天才で、天才特有の悩みがあるのだろう。
そういう天才が、圧倒的存在が、私は好きなのだ。

色々あったけれど、秋元真夏さんという、本当に大好きな存在の写真集お渡し会に行けたので、今年はよかった。
来年も、秋元真夏さんのことをずっと見ていたい。

5/3 データ分析の力 因果関係に迫る思考法の感想

読んだ。

手法としては割りとよく知っていたものだったが、ランダム化試験、回帰分断デザイン分析、集積分析、パネル・データ分析、それぞれ使っている数学はほとんど一緒にせよ、改めてきちんと解説してもらえると非常に理解が深まった。実務の方では、むしろパネル・データ分析を一番よくやると思うので(私は手持ちのデータをできるだけ活かす方向でベイズでモデルを組んで時系列分析をやるのが好きなので、狭義のパネル・データ分析ではないが)、改めて仮定とかを振り返るときに読むのにもよいと思う。

また、実務家にとっては、どういう分析手法がどういうときにうまく行ったかということのパターンを知るのは非常に大事なので、たくさんパターンが知れて良かった。
特に、この本の著者は面白い研究が好きな人で、この研究はすごく面白いんだよ、という気合を本から感じた。
そのため、非常に知的興奮を持って本を読むことができた。
よい統計学の実証研究は、ミステリー小説にも似ていて、データと仮定と数学的手法と論理をもってして、真実を明らかにする力があるなあと感じた。
その意味では、グラフや結果の説明もうまく、こういう風に説明すればよいという例としても非常に有用だった。

反面、単純にA/Bテストするとサンプル数が足りてなさそうな事例もあり、誤解を招きそうなので、そのあたりの補足が欲しかった。
というか、私もこれどうやってうまくやったんだ?となっている。
これにあまりにも感動してしまうと、単純にクリエイティブの出し分けをすることだけがA/Bテストで、なんでもとりあえず試してみればいいじゃん、となりそう。

ということでおすすめです。

4/2 ゆいかおりについて

ゆいかおりが活動休止しました。
ぼくとゆいかおりの出会いは2010年で、正直Our steady boyから認識はしていましたが、どハマリしたのは運命が回りだした頃、つまりStylipSの2nd singleのMIRACLE RUSHからです。
ぼくをサンシャイン池袋の噴水広場にまで出向かせ、6時間立ちっぱなしで2Fの最前を取らせ、キラキラした目で目線をくれ、アイドルにハマる決定打を与えたのがゆいかおりだったのです。
そして、ゆいかおりは急激に活躍しはじめ、実力派アイドル声優ユニットとしての確固たる地位を築きました。

2016年の武道館での、石原夏織さんのMC。
ここまで躍進したのに、それでも最初に出てくる言葉は必ず、辛かった。
無理をして頑張っていることが誰の目からも分かっていました。
また、そこで泣きそうになった石原夏織さんに、すかさず頑張れ、と一番に大きな声で応援したこと。
まだ頑張らせるのか、と今になっては思うけど、でも、無理をしてほしい気持ちなんてこれっぽっちもないんだということ。

ゆいかおりが新しいステージに進むなら、それを受け入れて、いつまでも応援し続けたい。
いっぱい元気づけてもらって、いっぱい勇気づけてもらって、ゆいかおりが居なければ、今のぼくは居ないのだと、自信を持っていえます。

さて、本題です。
ゆいかおり小倉唯ソロのCDの売上を比較してみました。
データソースはこちらです。

 アニソンCD売り上げデータ保管庫

可視化結果はこちらです。

f:id:glamorousdammy:20170402022336p:plain

このグラフを見ると、
小倉唯さんのCD売上はまだプラトーを迎えておらず、またこれから伸びる傾向が見受けられること
小倉唯さんの最大CD需要は25,000枚くらいはありそうなこと
ゆいかおりのCD売上はプラトーを迎えており、そのプラトーは10,000枚前後であること
ゆいかおりのCD売上は常に小倉唯ソロでのCD売上に負けていること
が理解されます。

ここから導き出される結論は、ゆいかおりは活動休止し、小倉唯はソロに注力するべきだということになるでしょう。

しかし、私はもし、こんな分析から、こんな結論が導き出されたとしたら、決して納得しないでしょう。
あくまで、ゆいかおりは、次のステージに進むために、活動休止したのです。

ただ、もう二度とゆいかおりのライブを見ることができないのだと思うと、ただただ今は悲しくて泣けてくるのです……。
本当に今までありがとう、ゆいかおり

【余談】
ゆいかおり小倉唯も楽曲に大雑把にかっこいい系とかわいい系の二種類がある
アニタイの効果もかなり大きそう
なので、これらの効果も踏まえて分析すべきですが、まあ小倉唯さんにアニタイつけてバンバンCD出せよという結論にどうせなりそうです。個人的な感傷もあり、そこまで詳細な分析をするのも辛かったのでこの程度でやりました。

2/22 扱いにくいと叩かれていたcsvをpandasで整形してみた

政府の出しているcsvが、クソcsvだと話題になっていました。

国民の祝日について - 内閣府

これですね。

まずアホみたいに読み込んでみましょう。

f:id:glamorousdammy:20170222224308p:plain

割りと普通に読めます。合格点。

目検で要らない行を取りましょう。ついでに連結のために列名を変えましょう。直接書いてますが、リスト内包とかで書けると思います。多分。わかんないけど。

f:id:glamorousdammy:20170222224419p:plain

顧客が本当に欲していたcsvを作りましょう。ついでに、あとの事を考えてflagの列を作りましょう。

f:id:glamorousdammy:20170222224549p:plain

さて、例題ですが、分析する上で、祝日は売上が上がったりしそうなので、祝日かどうかを判定したいです。ということで、売上フレームを作って、そこに祝日情報をjoinしましょう。

f:id:glamorousdammy:20170222224734p:plain

こんな感じですね。

せっかくなのでgroup byして平均売上高をグラフにしてみましょう。

データの作り方から当たり前ですが、大差無いですね。

f:id:glamorousdammy:20170222224952p:plain


ということで、クソcsvに思えても、pandasでならわりと自由自在です。

みんな、pandasを使おう。

ノートブックはこちら。

https://gist.github.com/dddddmmmmm/33e3e3bd24952d9d912966f469fe4dde

10/30 新卒でJapanese traditional big companyに入って半年で転職するということ

転職してとても楽しく働いているのでここら辺で振り返りをやっておきたいと思う。

 

なぜ前職に入ったか?

 

・なんとなくやりたいことが見出せなかったので、公共性の高いところで薄く広く貢献するかと思った。日本の金をじゃぶじゃぶ使って研究させてもらったので。

→やりたいことがなくてもやりたくないことがたくさんあった。

 

・なんとなく30年潰れない会社に行っておいて楽しかったらそのままぬるぬるやればいいなと思った。

→楽しくなかった。

 

・次は物理で鍛えた能力を元に世の中を便利にしてやるかと思った。

→世の中の人は物理にあんまり特殊な感慨とかが無いみたいであんまり物理を生かす道を人事的に見つけられなかったみたいだった。
 素直に機械学習とかやらせとけばよかったのに……。
 あの会社のレベルなら、正直それ専門のやつより私にやらせたほうが面白かったと思うけど。

 そこから派生するとなんであいつがあんな楽しそうなことやってんだふざけるなという話にもなりイライラしていた。

 

なぜ前職が嫌だったか?

 

・自分がやる必要がある/覚える必要があると思えない仕事ばかりだった。
 長年のやり方で現場に最適化された方法に馴染んで覚えていくことが自身の人生にとってプラスになるとは思えなかった。
 俺はもっとユニバーサルなところでやってきたし、これからもやっていくぞという傲慢な熱い気持ちに溢れていたところもあるけれど。
 ただその現場で通用しなかったわけだしユニバーサルじゃないというのが皮肉ですなあ。

 

・考え方が小役人的だった。
 自身のできる範囲で精一杯の最適化をしていけばどんどん働き方が効率化されるという感じだった。
 できるだけリスクを取らないだとか、誰にも情報セキュリティの専門性なんてないのに制定されたセキュリティルールから生まれる雑務だとか……そういう自分が納得していない制約条件の元に最適化させられるのが嫌だったし、その制約条件の妥当性に誰も異議を唱えない。(そんなことしてたら組織が動かないので当たり前だけど)

 でも最適化問題は制約条件も多分大事なんだぜ。知ってる?俺はよく知らないけど。

 

マイクロソフトオフィスが嫌いだった。
 まあ使う時は使うんですけど。

 それに似た要素としては電話取りなんかもあった。21世紀なんだからわざわざ私に交換手やらせないでください。

 

・自分のキャリアがびっくりするくらい生きなかった。
 これは前職の上長にも皮肉な感じで同意された。

 キャリアについては、お互いすごい軽んじあっていたので、お互い様という感じはするけれど。あんたが現職でやってきた数年間より俺の学生のころの2年間のほうが世界的に価値のある先端的なことをやってきたという自負は出ていたと思うし、そんな新人入ってきたら私でも嫌だよ。

 しかし、一般的に自分でちゃんと考えて勉強することとか研究することを選んできたという自覚(事実がどうであれ!)があるならキャリアが生きる仕事をしないとダメだなと痛感した。

 

・毎月毎月自分のやったこと/できなかったこと/できたことを書かされるのがめちゃくちゃ嫌だった。
 やりたくない仕事に対して、もっとうまくできたとか考えられなかった。(人間性の問題かもしれない)俺は誰かがハードディスクを持ち込むための申請書類の書き方とか誰にハンコを貰えばいいかとかを覚えたことを、できるようになったことに計上するくらいなら、死んだほうがましだと思うし、そんなことをいちいち改善できただなんて考えたくもないし、東大を院まで出てそんな仕事をさせる社会はやっぱ狂ってる気がする。

 そもそも現場のやりかたに染まりたくねえなあ〜って思っていた上に、できるようになったことがその現場とかその会社でしか通用しなさそうに思える軽々しいことばかりで、それが増えて行くというのが単なる嫌悪感の増加になってしまった。

 今思うと自分で考えたこととか、ネットで読んだ最近流行のものに対する価値を置きすぎで、せめてもうちょっと、特に進め方の面ではうまいなと思う人の真似をするとか、現状のやり方について考えてみるとか、わかるまで教えてもらうとか、素直にやるべきだった。

 ただ、結局それって全部長年この現場にいたっていう話だよなあ、としか前職では思えなかったので、真似するにしてもなあと思っていたのも事実なので、それが本質になる職業なら遅かれ早かれやめてたしいいんだろう。

  普通、30年もののおっさんが試行錯誤して作り上げてきた何かと、今の新しい仕組みなら、新しいほうのがいいでしょ。多分ね。前職では"普通"とかって前置きするなって言われたなあ〜。お前が世の中の何知ってんだって感じか。お前こそ世の中の何知ってんだって感じだ。

  さらに悪口を重ねると、結局その30年も競争にさらされてない30年だから、あんまり信頼できなかった。し、結局競争に晒されずにここまでやってきたっていう意識が結構薄そうだった。あの組織の中に既得権益の中でやってきていることに対しての実感が薄い人たちがたくさんいることに結構失望した。

 

・作業の目的が自分で構成できなかった

 今思うとだいたい雑用ばっかだったわけだからチームの全体最適化ってなんでもかんでも答えておけばよかった。

 この辺時々思いついたようにチームの全体最適化とか答えてたわけだけど、それ一回答えたのに次出てこないってことは君本当はそんなこと思ってないでしょって見透かされてたのかもしれない。

 そりゃそうだ、雑用というのは誰かが自分がやりたくないけどやらなければならないことを誰かに押し付けるゆえに発生するわけで、そんなん自分でやってくださいよという感じだ。

 

前職でよかったこと

 

・仕事を進めるにあたって、どのあたりを押さえておけばよいかが非言語化された。

 ただ、前職ではびっくりするくらい仕事がやりたくなかったので、自分からそれを抑えようとしていなかった。我ながらすごい新人だと思う。

 

・やりたくないこと及びやりたくないことをどれくらいやれるかがだいぶ明確化された

 まあ何がやりたくないかはだいたい伝わっていると思うので省略。

 

新卒で入って半年で転職するということは?

 

・相当ファンキーなことだと思う。
 現職でもたまにいじられる。

 

・転職の話をして、身を慮ってくれた友人の数がめちゃくちゃ少なかった。
 私がすごく強がって見える部分もあるんだろうけど、真面目にキャリアプランの心配をしてくれたのが1人、現状に対する不満だけで動くなと言ってくれたのが1人、次はちゃんと社会性を持ってやれよと言ってくれたのが1人、それ以外本当にみんな面白がるだけだった。うそ……私の人望、少なすぎ?

 

まあ、合わないならさっさとやめて次に行こう。

世の中の大半はやりたい仕事なんてできてないって前職のトレーナーは言った。就職の際、やりたいことが無いのに妙な意思決定をしてしまったのは事実で、俺の落ち度だ。大学院の時点まで、俺はやりたいことをやってきたはずで、俺はこれからも自分がやりたいと思ったことを素直にやりたいし、やれないならなんとかして探すだろう。

またどこかで会おう。どこに行っても通用するスキルを持っているのに、どこにも行かないおかしな人たち。

 

追記:

読み返して思ってたんだけど、あんまり真剣に読まないほうがよくって、まあ、クソ生意気だけどうまく使えば化ける新人(って自分で言っちゃうのかよ!)は、どこ行ってもうまく使われるわけじゃないんだよなって安っぽい話の一面も強くて、悲しいですなあ、所詮人間の敵は人間ですか、って感じ。

こういう時世の中の人はどう思うだろう?もっと才気煥発な(やっぱり自分で言っちゃうのかよ!)彼には適正のある仕事があってそっちにいけたならよかった?生意気で傲慢で使い物にならない東大卒が世の中の厳しさに負けて転職した?

でも、前職の人には誰も見る目がなかったんだねって思わせるくらい、あるいは辞めるって言ってから、自分の納得と俺の納得のために時間作ってくれたお偉いさんとかが満足に浸れるくらい、今後結果を出していけたらいいよな〜。

 

追追記:

じゃあ今なんで楽しいの?ってところを抜かしていた。

今楽しいのは、単純に自分の好きなものの考え方をしていいってところと、自分が考えたことをぶつけてみて的確に返答してくれて、自分のアウトプットでオッケーをくれる人たちと働けていることだと思う。

でもそれだけで給料はもらえないので、きちんと利益に寄与していきたい。それがとりあえず目標だな〜。