読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11/26

堕落した生活にケリをつけねばならない。

 

他人のガキなところを見てひどく嫌だと思うのは、自分を省みて恥ずかしくなるからか?ああいう人間は一生尊敬を得られないだろうと思う。振り返ってみて僕はどうか?そもそも尊敬を得るということ自体、小さくて気にしなくて良いことだ、とケリをつけるのは簡単だ。分かる人間にだけ価値が分かればいいとまで言えたら幸せだろう。しかし他者の評価に振り回されてはいけないのである。他者の評価を得ることは大事であるのに。難しいところだ。

 

だいぶレポートに処理がついた。せっかく駒場祭に誘われたのに行かなかったことが惜しい。ただ同時に行っていたら絶対終わらなかったので自分のそういうことに対する嗅覚はさすがだなと自負している。

 

電気電子工学というのは、学問領域がものすごく広いのだろうな、と思った。どこから手をつければよいのか?アナログ回路も、半導体物性も、基礎の物理の部分も、全くもってなかなか身につかないことをしきりに実感する。とにかく職人技の多い世界だ。しんどい。